名盤を視聴しよう

Indie RockとかJazzとか

No Knife - The Red Bedroom

 

The Red Bedroom

The Red Bedroom

 

No Knifeはカリフォルニア州サンディエゴ出身。

マスロック、 ポスト・ハードコア 及び他のインディ・ロックの側面を組み合わせた革新的なバンドである。


バンドのオリジナルメンバーはMitch Wilson(ボーカル/ギター)、Brian Desjean(ベース)、Aaron Mancini(ギター/ボーカル)、Ike Zaremba(ドラム)でした。 セカンドフルレングスの前にManciniはRyan Ferguson(ギター/ボーカル)とメンバーチェンジしている。
Drunk on the Moon (1996)、 Hitman Dreams(1997)の後、 Chris Prescottがドラムとして加入。


2つのフルレングス、Fire in the City of Automatons (1999) とRiot for Romance!(2002)をリリース。 


No KnifeはJimmy Eat Worldと頻繁にツアーを行なった。
2008年3月に彼らのウェブサイトで2008年後半または2009年初めに再会することを示唆した後、Jimmy Eat Worldの 「Clarity x 10」ツアーで3つの西海岸の日程のオープニングアクトとして発表された。


No Knifeは、Solana Beach、カリフォルニア州のBelly Up Tavernで2009年6月18日(木曜日)の最終ショーを行ない、最後に演奏した曲は "Mission Control"だった。

 

私はこのバンドをNine Days Wonderとのスプリットで知った。

ジャズマスターテレキャスターのソリッドな音の絶妙なバランスは最高である。

当然、動画をチェックしたいところだが、

Youtubeにあるこの曲を演奏している動画は、映像がホラーすぎて見れない。

 

Riot for Romance

Riot for Romance